肩関節周辺炎(40・50肩)の治し方

他所の治療家はどんな治し方をしているのかな?と思い、その方のブログなどを見ることが有ります。主に理学療法士や柔道整復師の方のブログ、また同業の整体士などのブログを見ますが、皆さんそれぞれご主張があり、それぞれ繁盛しておられるので、私がどうこう言える立場ではないのですが、気になることが1つあります。

以前、ブログに書いた記憶がありますが、ずいぶん前のことです。囲碁の名人K老人が、「指が動かなくて碁が打てない、指だけ揉んでくれ」と来られたのです。私には原因がわかっているので、1回の施術で緩解しましたが、指は一切揉んでおりません。

Kさんは不思議がっておられたので、こう説明しました。
「Kさん、貴方は血流障害です。筋肉は酸素と栄養がないと動けません。血流はどこを通って来ますか?・・・・・例えば、山に大雨が降ると平地の川は洪水となります。ですが現代の川はあちこちにダムがあるのですぐには洪水が起きません。このダムは良い働きをしますが、貴方の体のあちこちにあるダムは血流を止め、酸素も栄養も細々と流れるので指を動かすエネルギーが足りないのです。」K老人は納得して、「そういえば、肩も痛くて6年もH整形外科に通っていたのだが、それも治っている、不思議だ、・・・・・」と感動することしきりです。

後日談ですが、KさんがH整形外科にいったら先生に「肩関節炎が治ったね!」と言われたので「これはあなたが直したのではない、俺が整体へ行って直したのだ!」と怒ったとのことです。6年も通い、治らなかったのがよほど悔しかったのでしょう。

このように、痛いところ、動かないところは結果であって原因ではないのです。

 ある理学療法士のブログに「肩関節周辺炎(40・50肩)は「肩甲下筋」を緩めればよい。」との記述がありましたが、そういう問題でないことは明らかです。そもそも肩甲下筋は大胸筋と一緒に動くのでそれだけ緩めてもだめですし、肩甲骨の下にあるので揉むこともできません。西洋医学全般に言えることですが「木を見て森を見ず!」の例えですね。

腹筋運動の嘘

整形外科医は「貴方の腰痛は、腹筋背筋が弱っているからです。腰痛を治すには腹筋運動をして下さい」・・・・・と言います!

腹筋運動で腰痛は治りましたか?、そもそも腰が痛いのに腹筋運動できますか?

腰痛の原因は様々ですが、煎じ詰めれば血流障害です。あと、心因性も考える必要があります。推拿では1回の治療で緩解します。何故ならばある部分の血流が断然良くなるからです。ある部分のヒントは4足歩行の動物には腰痛がないということです。気功・太極拳をやる人にも腰痛はありません。ある部分が緩んだ姿勢でやっています。もうお分かりですね?

だから、腹筋運動ではなく、気功や太極拳がおすすめなのです。

骨盤矯正に気を付けよう!

ネットやチラシなどで、骨盤矯正や骨盤調整と言った言葉をよく目にします。脚の長さ(腸骨の高さ)が違っていたり、反り腰や骨盤の開き過ぎなどを指しているようですが、骨盤がズレるには訳があるのです。まして、力づくで矯正などしていいものではありません。

考えてみてください。
骨盤にはエンジンもモーターも付いていないので自分で動くことはできません。①骨盤が開くのは妊娠等で筋肉(内転筋群)を使わなない期間が長すぎたからです。②反り腰や傾きは血行不良のため、左右の筋肉(腸腰筋群)の長さ(固さ)が不ぞろいになったからです。
 ①は通常の生活で元に戻りますが、内転筋群をトレーニングすれば1~2週間で正常になります。②は大腰筋マッサージで即日改善します。もちろん大腰筋はおなかの中の筋肉なので掌では揉めませんので特殊なテクニックは必要ですが、何回も通院する必要など全くありません。複数回の通院を要求する整体院は要注意です。骨盤に限らず、肩凝り、腰痛、頭痛、生理痛などは1回で緩解するのが普通です。

ストレスと筋緊張

ストレスが多いと交感神経は良く働きます。何故かと言うとも不安や緊張をどうにかしなければならない!という脳の指令で筋肉が戦闘状態(狩りをしている状態)になるからです。

筋肉にたくさんの酸素や栄養を送り込むことで筋肉のパフォーマンスを上げ、最大の収穫を得ようとしているのです。昼間、仕事中においては都合がいいのですが優位になり過ぎた交感神経は夜寝る前になってもおさまらず活動をしている場合があります。そうなると筋肉は硬直し(筋トーヌス異常)心拍数も上がり、とても眠れるような状態ではなくなります。この状態が長く続くと様々な筋異常があらわれますが、その一例として今日は「顎関節症」の話をしたいと思います。
 感情を押さえ込む時、人は筋肉に力を入れて感情を押さえ込みます。  特に咬筋や側頭筋といった噛む筋肉や、表情筋、首の筋肉をよく使います。この時、人は感情を押し殺している事に気付いていないため、感情の押さえ込みを繰り返すことでどんどん筋肉は硬くなっていきます。固く拘縮した筋肉は古い血(還流血)を押し出すことが出来ず、新しい血(動脈闕)が入ってこないので酸欠・栄養不足でますます固くなります。この状態をそのままにしておくことで、人は感情を押さえ込むことに慣れてしまい、ストレスはどんどん溜まっていきます。ストレスは悪循環で筋トーヌス異常を引き起こし、脳に「辛いから何とかしてくれ」と24時間訴え続けます。訴えられた脳は「それなら使うな!!」と咬筋群をロックします。・・・・・お判りでしょうか?
改善には、ストレスを失くすことが一番ベターなのですが、同時に筋肉をマッサージし拘縮を解くことが必要なのです。この二つを同時に出来るのが「上海推拿」であり、推拿の副交感神経優位効果がストレスを失くし、酸素と栄養を筋肉に届ける好循環により「顎関節症」は1~2回で消失・緩解される方がほとんどです。

 

再び、推拿について

再び、推拿についてです。
当店(気功整体・癒しの空間)の推拿における理念

気功整体・癒しの空間では、エビデンスがあり効果の高い施術を通して、基本的に当日一回の施術で身体上の各種不快な症状の解消を目指しています。予約の強制は致しませんが、もし1週間以内に体が重くなったらもう一度来てくださいとお願いします。そう言えるくらい施術後の体は軽いし、効果も長持ちするのです。

当店(気功整体・癒しの空間)の推拿の特色
気功整体・癒しの空間では、症例研究に基づいたエビデンスのある施術を特徴としています。本来推拿は中医学(東洋医学)ですので、根幹である“気”・“血”・“津”は当然重視しますが、東洋医学の全てが正しいとは限らないので、(例えば、“五行説”などは単なるつじつま合わせと考えます)西洋医学の生理学に基づいた、“血流”“ホメオスターシス”、および“心理学に基づいた脳の筋肉制御”理論を重視します。
こう書くと、「あれ、? 東洋医学じゃないのか?」と思われるかもしれませんが、立派な東洋医学です。ただ、存在が証明されない五行説などではなく、研究・実績に基づいた西洋医学によるエビデンスで裏を取るといった感じでしょうか。

当店が得意とする技術
推拿による脊椎(督脈)を支える骨格筋群を緩めて気の流れ=血流を良くする施術は大動脈の圧迫を取り除き、全身に及びます。つまり、頭痛、肩凝り、腰痛、生理痛、ひざ痛はもちろん、腱鞘炎やそら腕、テニス臂、肩関節周辺炎(通称40肩、50肩)など血流障害を原因とする症状は当店の得意分野で通常は1回で治ります。
腰椎ヘルニア、変形性膝関節症などの器質異常は1回/週の通院で1~3か月でほとんどの方が日常生活に支障のない状態まで改善します。脊柱管狭窄症で10mも歩けなかった人が1キロ以上の歩行で当店に通院できるようになった症例もあります。
何故、他の整体や医院で治らないものが推拿では簡単に治るのか?、その機序については次回に投稿します。

推拿について

 今日は、推拿についてお話ししたいと思います。
推拿(すいな-Tuina)とは、中国江南地方を中心に古くから伝わる中国伝統医学で、同じく中国から伝わった按摩によく似ていますが、手の使い方、つまり手技が違います。按摩にはない滾法(正式には滾法のサンズイが手偏になりますが、日本にはこの字がありませんので便宜的にを使います)を多用した、少しスピードの速い、とても気持ちよ良い手技です。マッサージを高速で行う・・・・・と言ったらわかりやすいでしょうか?、気功に通じる“気”の概念をもつので、短時間に血流が良くなり、また、最近は西洋医学の長所を積極的に取り入れ、改良されつつある理学的な手技療法です。
推拿には各種流派がありますが、当店では「上海推拿(しゃんはいすいな)・滾法派」と呼ばれる施術を行っております。
推拿では、全流派にいえることですが、筋を整える「理筋」と脊椎を整える「整脊」を行い、カイロや他整体にあるような骨格のズレを重視しません。ズレとは結果であり、原因ではないからです。

 脊椎(督脈)を支える骨格筋群を緩めて気の流れ=血流を良くするとても気持ちの良い整体で、副交感神経が優位になるので、眠ってしまわれるお客様もたくさんおられます。

最近は推拿の施術をする整体院も多くなり、どこも賑わっているようですが、ここ新潟市周辺では当店の他、当店で技術を習得した2店のみでまだ珍しい存在のようです。

追悼水木しげる ゲゲゲの人生展に行ってきました。

 2015年11月30日、日本を代表する漫画家・水木しげる氏は、93歳で「あの世」へと旅立ちました。
新津美術館で鑑賞してきましたが、ただの漫画家ではなかったのですね、青年時代の油絵に感動しましたが、それだけではなく水木氏の人生そのものが感動の連続でした。とても有意義な日でした。

突然の休業ですみませんでした。

16日土曜日は妻の母の49日で臨時休業したのですが、ベルシティの事務所に連絡するのを忘れ、突然の休業となってしまいました。場所が場所なので携帯電話も携帯せず、せっかくご連絡いただいたのに返事もできませんでした。誠に申し訳ありませんでした。以後、気を付けて、臨時休業の表示を早めに出したいと思います。