推拿について

 今日は、推拿についてお話ししたいと思います。
推拿(すいな-Tuina)とは、中国江南地方を中心に古くから伝わる中国伝統医学で、同じく中国から伝わった按摩によく似ていますが、手の使い方、つまり手技が違います。按摩にはない滾法(正式には滾法のサンズイが手偏になりますが、日本にはこの字がありませんので便宜的にを使います)を多用した、少しスピードの速い、とても気持ちよ良い手技です。マッサージを高速で行う・・・・・と言ったらわかりやすいでしょうか?、気功に通じる“気”の概念をもつので、短時間に血流が良くなり、また、最近は西洋医学の長所を積極的に取り入れ、改良されつつある理学的な手技療法です。
推拿には各種流派がありますが、当店では「上海推拿(しゃんはいすいな)・滾法派」と呼ばれる施術を行っております。
推拿では、全流派にいえることですが、筋を整える「理筋」と脊椎を整える「整脊」を行い、カイロや他整体にあるような骨格のズレを重視しません。ズレとは結果であり、原因ではないからです。

 脊椎(督脈)を支える骨格筋群を緩めて気の流れ=血流を良くするとても気持ちの良い整体で、副交感神経が優位になるので、眠ってしまわれるお客様もたくさんおられます。

最近は推拿の施術をする整体院も多くなり、どこも賑わっているようですが、ここ新潟市周辺では当店の他、当店で技術を習得した2店のみでまだ珍しい存在のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です